« 薬を飲む以外で自分でできる薄毛対策|ボクはコレを毎日行っています。 | ホーム | 薄毛治療をやったほうがいい人、やらなくてもいい人 »

2015年9月17日

リスクと隣合わせのプロペシア|ある程度の副作用は覚悟が必要

薄毛に悩む人は色々な育毛剤やケア用品を使ってきたと思いますが、

どれもいまいち効果が出なかったと言う人も多いのではないでしょうか?

それは原因に合ったケア方法をしていない可能性があり、

特にAGAの場合は市販の育毛剤だけでは効果がないのが普通です。

 pro.jpg

そんなAGA治療は研究が進み色々な方法が取り入れられるようになったのですが、

悩める人たちの救世主と言えるのがプロペシアです。

プロペシアはAGA治療に用いられる薬として有名なので、

名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

プロペシアは病院で医師の診察のもと処方される薬で多くの人がこの薬で

薄毛が改善し発毛を感じることができます。

しかし、この薬は効果が高い分副作用の心配もあるので、

「プロペシアを処方してもらえばハゲが治る!」と簡単に考えるのは危険です。

 

もちろん、ほとんどの人は副作用をあまり感じることがなく過ごせるのですが、

体質や体調、持病や服用中の薬によっては重篤な副作用が出る恐れがあるのです。

主な副作用は・・・性欲の減退、湿疹、落ち込み、肝機能障害、アレルギー反応・・・

ほとんどの副作用は、プロペシアだけでおこるものではなく、ほとんどの薬で注意書きに書かれている副作用ではないでしょうか?

薬は肝臓で分解されるのですが、成分が強い場合はそれだけ負担がかかるため、元々肝機能に問題がある人が服用すると、副作用として肝機能障害が表れることがあるのです。

プロペシアの副作用の中で一番気を付けたいのが性欲減退で、今妊娠を望む夫婦は医師に相談したほうが良いかもしれません。

プロペシアの影響で長い間子供ができない場合があるので、注意しましょう!

 

また、プロペシア服用の初期症状に脱毛が表れる人も少なくありません。

薬を飲んで髪が生きなり抜け出すと誰でも怖くなって服用を止めたくなりますよね?

しかし、これは副作用ではなく正常な髪を生成する過程で邪魔になった細い髪が抜けているだけで、

決して薄毛が急に加速したわけではありません。

むしろ、太く健康な髪が生える予兆なので安心して服用し続けてください。

 

薄毛に悩む人にとってプロペシアはとても効果的でいい薬です!

しかし、一歩間違えると体調を崩す原因にもなり兼ねないので、

医師に任せるだけでなく、副作用について知ることと自分の体は自分で守る気持ちが必要ではないでしょうか?

このブログ記事について

このページは、reviveが2015年9月17日 11:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「薬を飲む以外で自分でできる薄毛対策|ボクはコレを毎日行っています。」です。

次のブログ記事は「薄毛治療をやったほうがいい人、やらなくてもいい人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。